salon:薔薇と迷宮


広島県福山駅近くにある 隣が神社 緑あふれる森と時間が止まってるかのような路地にあります サロンという形式でカフェ・バー・ブティック・ワークショップ・音楽・多種多様な赤い泉です。
by baratomeikyu
カテゴリ
全体
サロン:薔薇と迷宮その実態は
複製やオリジナリティ
メンタルアート講座5期生募集
営業時間 営業日
ワークショップ
音楽
ブティック
ギャラリー
黒猫 羽音
迷宮のにっきとか ぶつぶつ
占い
貸切 
迷宮所属作家やリンク
お願い
出張薔薇と迷宮
企画しますご相談提案など
劇団
詩歩タソのお悩み相談室
夜に詩を読む会
イヴェント
死と薔薇
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉正史さんからトークを終えて中村智道さんへの 補足コメントいただきました。

トークでは中村智道さんの, 並のアーティストでは言えない,ストレートな発言がみなさんに強く伝わったと思います. その場で私が補足するのは,かえって彼の発言を弱めることになると思って,控えていました. それで,この場で,あらためて補足させていただきたいと思います. 彼の発言の根底のひとつには,アート・芸術についての最も重要な問題意識があります. アート・芸術作品とそうでないものとの区別についてです. アート・芸術作品は,人の目を引きつけて楽しませたり,おどろかせたりする効果がありますし, そのために,室内の空間を飾ったりにぎやかにしたりすることができますし,屋外にあればその場所の目印になるというような使い道もあります. しかし,アート・芸術作品は,どのように使われようとも,それだけでは終わらずに,なにかもっと深い,人の心の奥底に触れるものを感じさせようとするものです. そういったものを感じさせないものは,アート・芸術ではないと言い切れるでしょう. ただ,人の目を楽しませたり,人をよろこばせたりするために
作られたり,
置かれたりすることを目的とするものは,アート・芸術作品と似たような見かけをしていても,アート・芸術ではないのです. 中村さんは,そうしたものをデザインと呼んで,アート・芸術との区別をせずに安易な企画をすることに警告をしているのです.
[PR]
by baratomeikyu | 2015-04-20 18:39 | ギャラリー
<< 水曜日、中村監督在廊されます。 上映会とトーク会 薔薇と祭壇展... >>