「ほっ」と。キャンペーン

salon:薔薇と迷宮


広島県福山駅近くにある 隣が神社 緑あふれる森と時間が止まってるかのような路地にあります サロンという形式でカフェ・バー・ブティック・ワークショップ・音楽・多種多様な赤い泉です。
by baratomeikyu
カテゴリ
全体
サロン:薔薇と迷宮その実態は
複製やオリジナリティ
メンタルアート講座5期生募集
営業時間 営業日
ワークショップ
音楽
ブティック
ギャラリー
黒猫 羽音
迷宮のにっきとか ぶつぶつ
占い
貸切 
迷宮所属作家やリンク
お願い
出張薔薇と迷宮
企画しますご相談提案など
劇団
詩歩タソのお悩み相談室
夜に詩を読む会
イヴェント
死と薔薇
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:音楽( 161 )

ソワレシャンソンリサイタルのお知らせ。

f0172895_14344574.jpg

f0172895_14344589.jpg


ソワレシャンソン〜リサイタル〜

◆場所◆サロン薔薇と迷宮
広島県福山市東桜町8の2マルイビル一階09073778618

817(水)

19時半開場
20時オープン

前金入金制◆
3000円+1ドリンクオーダー
+当日300円アップ

◆お願い◆
遠方のお客様をお取り置きします。
予約後の自己都合によるキャンセルは自己責任にて返金致しません。


ソワレ《シャンソン歌手》
◆日本を代表するネオシャンション歌手。
1995年よりシャンソンを中心にライブ活動を開始。シャンソンのイベントをオーガナイスしていたところ、戸川昌子と知り合い2000年に「青い部屋」のリニューアルプロデューサーを担う。
以降2003年まで在籍。2004年より新宿ゴールデン街に「シャンソンバーソワレ」を開店。渋谷「SARAVAH東京」2014年より支配人となる。2011年には新宿二丁目に「バー星男」を櫻田宗久と共同オーナーの形で開店。

歌手としては河合奈保子、越路吹雪に多大なる影響を受け、両者のCD解説や監修なども多く手掛ける。シャンソンにも精通し、CD『ニッポン・シャンソンのすべて』(日本コロムビア)などの作品を監修している。
◆「ゲンスブールナイト」「新春シャンソンショウ」「ピエール・バルーライブ」「戸川昌子コンサート」などのフランス系イベントを数多くオーガナイズ。自身の歌手活動も盛んに行っている。
[PR]
by baratomeikyu | 2016-06-12 14:34 | 音楽 | Comments(0)

6月13日(土)§ 倉地久美夫×波多野敦子 §音楽夜会 サロン薔薇と迷宮

f0172895_1141514.jpg

f0172895_11415194.jpg

今一番好きすぎて参ってる倉地さんと、EGO-WRAPPIN'のバックバンドや、デグルチーニに参加されてる大好きな音楽家波多野さんをお迎えして官能的音楽夜会を開催します。ご予約おまちしています。



§ 倉地久美夫×波多野敦子 §

6月13日(土) 20時開場・
20時半開演 場所◆サロン薔薇と迷宮・ 福山市東桜町8の2

マルイビル 一階

http://baratomeik.exblog.jp/ 09073778618

◆前金入金制2200円+1drinkオーダー 遠方の方のみ予約制

当日300円UP

§倉地久美夫プロフィール
64年:福岡県生まれ。

母校中学校舎火事のさい打楽器オルガン等数種を盗み,以後多重録音音楽製作を行う。

関東にて漫画・舞踏~宅録と自身のバンドアジャクレヨンズでライブなど行う。

近年は福岡県在住。弾き語りを中心に共演等国内で行う。

参加アルバム等--------------

85年『ビックリ水族館』(TOKUMAJAPAN)
89年『死語を愛して』(ONNYK)
92年『誓い空しく』(京浜兄弟社)
95年『太陽のお正月』(きなこたけ)倉地ソロ
96年『うわさのバッファロー』(OZDISK)倉地トリオ(sax菊地成孔/drum外山明)
00年『夏をひとつ』(きなこたけ/きなこ-6)倉地


02年第2回詩のボクシング全国大会優勝

04年『I heard the ground sing』(美音堂)倉地トリオ(sax菊地成孔/drum外山明)

07年『スーパーちとせ』5thCD(円盤)を発表。

11年ドキュメンタリー映画「庭にお願い」公開「庭にお願い」.サントラCD.

12年『逆さまの新幹線』6thアルバムギターインストによるアナログレコード(円盤)

14年『大沢あつしくん』7thCD弦楽ユニットtriollaを迎えたCDアルバム発売予定

http://hirunohikari.com/kurachikumio.html

§ 波多野敦子 Atsuko HATANO・

ミュージシャン,ヴァイオリニスト。

弦楽を中心とした演奏、作曲、ストリングス・アレンジ等で多くのアーティストとも共演。

ヴァイオリンとヴィオラを主に、チェロ、オシレーターやアナログシンセ、鍵盤等も演奏。

2007年画家nakabanとの共作アニメーション「三つの箱」(DVD/noble)、ソロ名義で2011年3月・1st album「13の水」を再発、12月には2nd・「Maria」、2012年5月にtriola名義で「Unstring,string」をリリース。
近年は5弦ヴィオラでのソロライブ活動、弦楽プロジェクトtriola(トリオラ)の他、倉地久美夫・、石橋英子ともう死んだ人たち、ジム・オルークとジェファーソン台車、Oorutaichi Band等のメンバーとして活動中。個人向け音楽制作『Order Made Music』、CM音楽や映像音楽も多数手掛けている。

hatanoatsuko.com
[PR]
by baratomeikyu | 2015-04-23 11:41 | 音楽 | Comments(3)

あがたさんlive 3黒瀬尚彦さんの

f0172895_1125382.jpg

f0172895_1125372.jpg

f0172895_1125312.jpg

f0172895_11253100.jpg

f0172895_1125388.jpg

黒瀬尚彦さんの217live日記
Facebookです。
どうしてもコピペできませんでしたのでURLだけ張って置きます。


http://m.facebook.com/story.php?story_fbid=814382531962083&id=100001710309111&guid=ON&_rdr
[PR]
by baratomeikyu | 2015-02-21 11:25 | 音楽 | Comments(2)

あがた森魚浦島64 ツアー 薔薇と迷宮+クロシバ山ぐるみliveペイント 2

f0172895_13583050.jpg

先日のあがた森魚+クロシバ+山ぐるみライブにお越しのみなさま、平日にも関わらず、満員御礼ありがとうございました。

山ぐるみ作品もたくさんお嫁入りしてほんとに嬉しい限りです。

あがたさん、終始にこにこの超ご機嫌なライブで過去、
現在、未来を自在に行き来する[ものすごくslowlyになったり
また速度が上がる音楽とmc]

まさに浦島64 [→65]の新しいアルバムタイトルがぴったりはまる感じでした。

キャリアを感じさせるステージングはさすがの一言で、 二部になると更に 混沌とし熱量は高くなる一方です。


お客様の顔も、いいお顔で踊ってたり揺れていたり実に いい空気でした。

途中お客さま参加型になったのもよかったですね。盛り上がりに拍車をかけていました。

あがたさん、薔薇と迷宮を意識してくれた 赤と黒の衣装も含めて全部全部が かっこ良かったです。

オープニングアクトと二部からのバンド編成出演のクロシバさん、シバサンの[窓]という歌もメロディも最高に 良かったし、[Cdになっていたら欲しいくらい。]


黒瀬先生の宇宙サウンドはパワーアップしていて、あがたさんの歌を更に引き立てて下さいました!


3ピースギターも珍しい編成でしたしね。


宇宙空間
聴いてて本当に気持ち良かったです、 黒瀬先生、プロの域ですよ、ほんとに。

paさんもセッティングからリハまで 長丁場お疲れさまでした!(*^^*)

黒瀬先生が気が利いてて助けられる事ばかりで、ものすごい気配りと洞察力で水面下で
今回もしっかり動いてくださって、心臓発作並のハプニングもw 安心して乗り越えられました。


私もこういう体験の積み重ねで 強心臓になって鍛えられてゆくのですねw


ライヴ、イヴェント、作品展…
みなさまに助けられて一つ一つ構築されています。 縁の下の力持ちが大集結。
差し入れや、お写真もありがとうございました(^o^)

何事も
私独りでは実現できません。

先ずは
行動して大切なお時間にお金を払ってお越しいただくお客さまや、

気にしてどこかのタイミングで来てくださるお客さま、

手伝いをしてくださるお客さま、
アーティストのみなさまのお陰であります。

誠にありがとうございます♪

昨日、
搬出しながら山ぐるみ山さんと話してたのですが

うらしまさん!

と 会いたいよ〜が

あとになればなるほど 強烈にループしてていい意味で純度の高い、 真冬の夜のノスタルジック悪夢でしたw

今もどんどん余韻が強まる状態です。

レジェンドあがたさん・ 確実に薔薇と迷宮に 気配を残していっていますw・


生姜raboを最近やってますが、あがたさんが迷宮生姜湯を
すごく褒めてくれて、 おかわりまでしてくださったのが光栄でした。


◆お知らせ&お待たせしました。

◆ 山ぐるみ作品をお買い上げの方は 土曜日〜渡せます。今年もたくさんお買い上げありがとうございました! 山ピーと山ぐるみがいなくなって・ 壁ががらんと 寂しくなったなあー
◆金曜と日曜お休み(土)15時から営業ですが、また来週から のスケジュールあげます。



お問い合わせ◆

09073778618・

秘密のダイアル・・ サロン薔薇と迷宮
[PR]
by baratomeikyu | 2015-02-20 13:58 | 音楽 | Comments(0)

あがた森魚さん +クロシバ+山ぐるみliveペイントありがとうございました。その1

f0172895_20392181.jpg

f0172895_20392112.jpg

f0172895_2039214.jpg

f0172895_20392139.jpg

大屋さんの写真が一番live感があって 素晴らしかったので許可をいただいて アップさせていただきます。
昨日の夕方これを見て
涙腺決壊しました。
[PR]
by baratomeikyu | 2015-02-19 20:39 | 音楽 | Comments(1)

2月17日 火 あがた森魚 ライブ!薔薇と迷宮編

f0172895_2258201.jpg

f0172895_22582032.jpg

f0172895_22582025.jpg

f0172895_22582059.jpg



217(火)あがた森魚[浦島64]ツアー+黒瀬尚彦とスプリングカムカム+山ぐるみ展 ライヴペイント
福山サロン薔薇と迷宮編 ★◆19時オープン19時半スタート・ 前金入金制3300円+1dオーダー 当日500円up・・ ★遠方の方は お取り置きします。 ※山ぐるみには投げ銭を・・ 09073778616
◎あがた森魚 
'48 年北海道生まれ。'72年デビュー曲「赤色エレジー」の大ヒットで一躍時代の寵児に。20世紀の大衆文化を彷彿とさせる幻想的で架空感に満ちた作品世界を音楽、映画を中心に展開。2014年11月 42枚目のオリジナルアルバム『浦島64』アナログ盤、12月にはCD盤をリリース。全国でライヴを展開中。劇場公開作品3本を監督、俳優や執筆などでも活躍。日記映画を渋谷アップリンクファクトリーにて月刊で上映している。 http://www.agatamorio.com ◆★◆◆★
黒瀬尚彦&スプリングカムカム 黒瀬(vo.g)中心に結成。sax.dr.key等、毎回編成は流動型、あがた森魚、ムーンライダースの影響を強く受けた音楽性で映像表現も加え一寸不思議で楽しいステージを展開する ◆★◆山ぐるみ
作者 ■山さきあさ彦
アーティスト。1979年高知県生まれ。単純でアナログな図画工作的手法を活かした、独特の(間の抜けた)センスで描かれる作品群はファンシーかつサイケデリック。
2006年頃より、裁縫を表現手段に取り入れた「山ぐるみ」の制作をライフワークとし、それらを用いたワークショップやパフォーマンス、国内ローカル〜海外での作品発表など、その活動は多岐に渡りつつある。趣味は飲酒。 http://www.ac.auone-net.jp/~asahiko/
[PR]
by baratomeikyu | 2015-01-20 22:58 | 音楽 | Comments(1)

◆★山ぐるみオープニング 音楽茶番劇ぽかぽかんナイト!ありがとうございました

f0172895_3103554.jpg

f0172895_3103582.jpg

f0172895_3103597.jpg

f0172895_3103578.jpg

f0172895_310359.jpg

f0172895_3103537.jpg

f0172895_3103532.jpg

f0172895_3103598.jpg

山ぐるみ展オープニングイベント[ぽかぽかんナイト]劇場、
平日、
しかも 連休明けのお疲れのところ、たくさんのお客さまにお越しくださいまして ありがとうございます。
だるそん作

オリジナル山ぐるみホットドック二種[モリンガと赤唐辛子の赤と緑色の生地]も
完売でしたし、

山ぐるみ作品も次々と売約済みです。

グッズも動いてよかったです。

◆さて、本日は水曜ですが15時から山ぐるみ展・ 通常営業で開けております。入場料として1ドリンクオーダーお願いいたします。

◆(木)(日)が今週はおやすみです。あとは15時からです。山ぐるみティー二種新作ございます。ゆっくり山ぐるみ展をご堪能ください。

09073778618
[PR]
by baratomeikyu | 2015-01-14 03:10 | 音楽 | Comments(1)

金井省悟ライヴありがとうございました。

f0172895_13494593.jpg

f0172895_13494514.jpg

f0172895_13494572.jpg

20141227*金井省悟ワンマンライヴ。

はらはら心臓に悪かったけどたくさんお集まりくださってほんとにありがとうございます!

何よりお越しいただいたお客さまには感謝しています。温かいお客さまに助けられたし、第一声に、人を呼べなくてごめんなさいって言ってくれた人も!感激。(>_<)

ライヴの
アフターも自然に帰んなくてみなさん知ってるひとも違和感なくアットホームに半分はジャック(ダニエルロック)煙草もくもく組と
健全おたく組に
分かれていてそれも見ていて愉快でした!(^^)けっこう二杯目、三杯目とお酒や紅茶や生姜レモン湯が出てありがたかったです★



金井くん、ある日、
ライヴやります!と
お店にやってきて、ライヴ申し出てくれて嬉かったです。


土曜日のライヴは

前回とは全く違った雰囲気の見せ方で
より一層、
一人舞台のような密室度が高まって金井くん自身の味も深まっていたライヴでした。

前半、
金井くんスイッチが入りすぎて、
憑依しちゃって声のコントロール制御不能。

メガネもずり落ちすぎ。

狂いまくってた姿を見て、カウンターで爆笑して
しまいましたが、良かった、、、!


良いに決まっているんです
好き嫌いは別として、

金井くん、本物なんだから。


後半、
声が出にくくなって


「すいません、、、予定変更して短めにいきます」

といってましたがそれもまたライヴ感でていました。


本人は後の深夜の
反省会?で人が全く集めれなかったこと、

声のコントロールができなかったことをえらく猛省。
詩歩さんのおかげで人が集まりました。と言ってくださいましたが、

ジャンルは
ポップであろうと、シリアスであろうと、
琴線に触れないと
第一、頑なに
引き受けないんだから、お客さまには
お一人でも多く
来ていただきたいですよね。


次の機会があったら行きますっていうのは一般の人がわりと
さくっと、
言われるんですけど、
仕方ないにせよ

次って場合によったらなかったりするし、

その辺がライヴや作品展、イベント、、

生の人間がその日のためだけに何日も、下手したら何ヵ月も、
力を注いでやる作品発表の場のようなもの。


でも私たちは何万回も、次ありましたら絶対行きたい、
あーうそー?
そんなすごい人がきてたんですか!行きたかったのにー
って

いう言葉を
悪気なく無数に
言われたり

平気で
書き込みされたり

社交辞令も勿論、普通に込み込みで

今までも、これからもあるんだと思います。
別に普通に行けないでいいと思うんです、だってみなさんご事情や優先順位があるんですから。



少々じゃへこたれませんよ。(^o^)
好きなことで
ズタズタにならない。
なってきたからね、散々暗黒底無し沼!(^o^)


でも総ては結果で
その当日が

私やアーティストやミュージシャンのやるだけのことはやったという成果のすべてです。



ま~こんなことを私は十年以上生業で
続けているんですからね、変態なんですかね?
でもたった10年か、赤子が歩きだしたくらいですね。
そりゃ終わったら毎回生気なくなって
いやだけど
寝込みますよ、

病んで普通なんで、(もうライフスタイルw)三日経ったらこちらの世界に
戻ってきてまた次を考えている。。(^o^)♪


お店を始める前から(昼仕事して充分に収入が安定していた時代の普通の会社員の時から今はお給料0w赤字なしを奇跡的にキープ(^o^)!でも
困っても大嘘の誘惑に乗ったり、くだらんことには手は出しませんよ。

!え??と、いうことは劇団●くんごさんの月収二万円より低い…(;゜ロ゜)あ、でもどくんごさんは私より経歴長いしな、、、、

対価の事は考えないようにしています。確実にノイローゼになるから。
楽観的にコントロールする術が近年出来てきた。)

物好き越えてますよね。やるしかないんだから仕方ないっちゃ仕方ないですよ


すごくネームバリューのある方達で勝手に集まる、という感じのライヴは

他のおっきいとこが
やってくださるので、私がやっても意味はないんだろうし、避けて通ってきてるようなものだから。


私は金井くんの
音楽や表現方法が好きで、音楽家として如何なる理由があっても
続けなきゃいけない人の一人だと思います。

ワンマンにしたのは、今のところ重なるイメージの音楽をやっている人が福山で、私の周りにいないし、(質も釣り合う人は恐らく周りにいらっしゃらない)集客が出来るバンドやローカルミュージシャンでも、統一性ない寄せ集めのイベントには絶対したくない。

ワンマンにしても金井くんは動じないし、難なく金井省悟

世界を一瞬で作れる力量があるから私は、
安心してるんです。

最近
ずっと
長い間思い詰めた顔をしてお店に来てくれていたから
なにか葛藤があって
いつも内側で闘ってたのかもしれませんね。


金井くんは
優しいし責任感がある非常にまともな人なので、
子供の事、仕事の事、音楽への注ぐバランス、、時間配分、そんなかんじでしたでしょうか?

金井くんはレギュラーで薔薇と迷宮でライヴをしていただく運びとなりました。

たくさんライヴの
回数が出来るタイプではないけど
放出する時は確かなものを届けてくれる。

あと、金井くんとのおんがく(←ひらがな)の
おたのしみが1個出来ました。

ちょっと毒な発想もあるんですけどね、
形にせな行きませんね、楽しいノリに
ついてきてくれたらいいですわぁ!

お客さま、どうぞよろしくお願いします。(^o^)
[PR]
by baratomeikyu | 2014-12-08 13:49 | 音楽 | Comments(0)

12月は音楽が二本

あります。今週(土)は夜 金井省悟君のギター弾き語りがあります。 福山にいるのがもったいない実力がありますので、是非足をお運びください。


ブランキーあたりが好きならきっと当たりかも。



1227

年の瀬


坂本弘道

不思議なチェロの話

世界的なチェリストで舞台音楽も数々

だけど薔薇と迷宮なので枠からはみ出て当然で、普通にキレイキレイに終わらないよね、

きっと
火花も飛び散るでしょう。
すっごく
楽しみにしています!

主宰のジャズ大衆舎さん、鞆でチラシを一生懸命撒いたり、
影で地道に広報されています。マイクスタンドも自腹で買ってこられたり、どこまでも音楽に対する純度が高いし、備後の宝のような方です。



どちらも超おすすめです。遊びにいらしてくださいませ(^o^)!薔薇と迷宮
09073778618
[PR]
by baratomeikyu | 2014-12-03 16:09 | 音楽 | Comments(0)

佐藤芳明アコーディオン独奏会ありがとうございました

f0172895_12405865.jpg

f0172895_12405855.jpg

f0172895_12405884.jpg

f0172895_12405951.jpg

f0172895_12405998.jpg


まだ昨夜の余韻に包まれています。

目も耳も離せない状態での佐藤芳明さんのアコーディオン独奏会、

たくさんのお客様にお越しいただいてありがとうございます。

私は全部凄すぎて鳥肌ものでしたが、特に二部からの
ヘンデルと

鳥の眠る歌にやられていました。

佐藤さんの音色は色気感じまくりのアコーディオンでした。

cdを二枚も くださって大事にしようと思います。
佐藤さん たくさんの御仕事が今以上に増え、来年はソロツアー自体も出来ないかもとおっしゃってました。

これから海外での御仕事が何本かあって、次はいつになるのかわからない状況です。

改めて佐藤さんとお話していると ライヴも展覧会も一本形に 出来るのは奇跡の集合体なようなものですね、だからこそ、
足を運んでくださる皆様には多大な感謝です。

準備をひろちゃん、

後片付けをぬこまるさん、
差し入れまでありがとうございます。

大阪さんも差し入れありがとうございました。

佐藤芳明さんちゃんと114(火)20時からの都丸さん、原田さんの
ダブルアコーディオンの演奏会の告知もさらっとしてくださいました。「威勢のいいアコーディオンの奴らが来ますから」
2300+ワンドリンクオーダー前金予約制です。

と、いう訳で薔薇と迷宮!こちらも是非お越しください!


◆◆◆◆◆◆ ジャズ大衆舎さんからの感想文をいただきました。
転記させていただきます。
ジャズ大衆舎さん、次回は・ 1227の坂本弘道さんを薔薇で企画されます。こちらもどうぞ。

クラリネットの瀬戸さんも坂本さんのライヴに来たがってたなあー。

開場前に佐藤さんに会えなかったけど 遊びに来てくださってたのです。

◆◆◆◆◆◆ 佐藤芳明アコーディオン夜会/薔薇と迷宮

たいへん楽しみにしていたライブ。

楽器が先か音楽が先かと問うたなら、
音楽が先と答えるに違いない。それがすぐにわかるくらいにこの人のアイディアは幅広い。かといって、楽器に対する愛情がなければ、
一人オーケストラみたいな、こんないかにも演奏しにくそうな楽器を、弾き続けはしないだろう。

左手のたおやかなスウィングの上に右手鍵盤上の軽やかな走句、 そういったこの楽器「らしさ」を満足させる一方で、 アブストラクトな音の大伽藍を築いてみせたりする。エンタテイメントの中に随所に前衛の気概がみなぎり、充実感いっぱいだった。
[PR]
by baratomeikyu | 2014-10-16 12:40 | 音楽 | Comments(1)