salon:薔薇と迷宮


広島県福山駅近くにある 隣が神社 緑あふれる森と時間が止まってるかのような路地にあります サロンという形式でカフェ・バー・ブティック・ワークショップ・音楽・多種多様な赤い泉です。
by baratomeikyu
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中村監督とトークされる小倉正史さんのこと。

f0172895_12172280.jpg

中村監督と18、19の上映後にトークされる

小倉正史さんの事を
ご紹介します。普段は上品で物腰が柔らかくてちょっと毒で、月子が大好きな優しい紳士なんですが、内容が相当ヤバすぎです(汗)

是非ご覧ください。(>.<)


毎月、全国誌

月刊ギャラリーで連載を二頁もたれています。

それと、銀座と長野でアート塾を毎月
開催されています。
プロフィールもご覧ください。

中村さんが言うには、小倉さんが目をつけたアーティストは必ず超大物になっているそうです。(;´д`)


先ずは今週になりましたのでお知らせです。

◆◆◆
小倉正史さんの現代美術塾

◆場所 
アノニム・ギャラリーのカフェ・スペース


長野茅野町

http://www.anonym-gallery.com/access.htm


受講料 投げ銭制(千円位だとありがたいです)

◆今度の日曜日12日の「アノニム塾」のテーマは、今夏展覧会も開催予定の「エリック・サティ」についてです。
きっと今回も一筋縄ではいかない小倉さんのサティ話となるのでしょう。楽しみです。

←◆アノニムギャラリーからそのまま転記。

前日の11日(土)は
15時〜
銀座の若山美術館にて

小倉正史の現代美術講座

若山美術館の
場所や内容など⇒
http://www.wakayama-museum.com/index.html


§小倉正史profile§


1934年生


国際美術評論家連盟会員.フランス芸術文化勲章シュヴァリエ章.

展覧会キュレーター

1983年から1990年まで美術雑誌『アトリエ』編集長。
著書:『現代美術,アールヌーヴォーからポストモダンまで』(海野弘と共著、新曜社、1989年),
訳書:ジャック・アンリク著『クロソフスキー画集』(リブロポート)
ジョルジュ・ロック著『マグリットと広告』(リブロポート)
アンドレ・レスレール著『アナキズムの美学』(現代企画室)
レジス・ドブレ著『クレモニーニ画集』(アール・ヴィヴァン)、
ブレーズ・ガラン著『芸術からの解放。アール・ソシオロジックとはなにか』(青弓社)
ジャン・コーヌ著『コミュニケーションの美学』(白水社)
展覧会企画:カトリーヌ・ボーグラン「赤い死のマスク」(北関東造形美術館,1994年)「Sarkis-Zone」(北関東造形美術館.1994年)
「ディスプレースメント」(横浜市民ギャラリー、1996年)
「杉本博司展」(カナダ大使館ギャラリー、1996年)
「オリヴィエ・ブランカール展」(ナディフ、東京、1998年)
「都市の風景」(バンコク日本文化センター,2003年)
「Another City」(Centre A,ヴァンクーヴァー,2009年)
セミナー参加:「諸科学の統合と表象の科学の設計」(大阪国立民族学博物館,2003年-2004年)
コーディネーション:「フランス現代美術週間」(フランス大使館、ギャラリー小柳、ミヅマ・アートギャラリーほか、2005年)

小倉正史wikipediaで検索どうぞ。
 

長年現代美術の現場に携わってきた小倉さんに現代美術のこれまでと今についてご自身の経験や考察からお話いただく予定です。
先日坂口恭平や「大地の魔術師」展の話など興味深く聞かせてもらいましたが、
他にも引き出しいっぱいでとても楽しみです。


7月に
bunkamuraにて エリック・サティ展があり
それに因んだ?
小倉正史さんのart塾のテーマらしい ですね〜

サティ好きだから受講したいです。(>.<)いいなぁ。

7月 展覧会情報 ザ・ミュージアム | Bunkamura http://t.co/xtpWWp9Wzq
[PR]
by baratomeikyu | 2015-04-10 12:17
<< 中村智道さんからまさかの私への... 読売新聞のひろしま県民情報に ... >>